時条件を表す副詞節

英文法解説

時・条件を表す副詞節とは?名詞節との違いも例文で英文法解説【練習問題あり】

こんな方におすすめ

  • 時・条件を表す副詞節って何?
  • 名詞節との見分け方を知りたい
  • 何で副詞節の中では現在形?

本記事ではこういった疑問にお答えします。
今回は、時・条件を表す副詞節マスターを目指しましょう。
英文法のおすすめ参考書をコチラで紹介しています。

記事の信頼性

本記事を書いている筆者(@englishteachaon)は英語ブロガーとしてブログを運営しています。
  • 10年以上、高校生に英語を教えている経験
  • 英語検定1級
  • TOEIC900点超(現在990点を目指し、筆者自身も勉強に励んでいます。)

早速、例題で確認です。

If she( )the news, she would be surprised.

( )に入る適切な語を選びなさい。

(A) heard
(B) hearing
(C) will hear
(D) hears

 

 

 

正解は、(D) hearsです。
基本的な問題なので、ぜひ正解したいところです。

正解した人も、なぜその答えになるのか説明できるように、しっかりと確認していきましょう。

今回は「時・条件を表す副詞節の使い方」を根本から徹底解説します。

では参りましょう。

副詞節とは?

what-is-adverb

副詞節は、名前の通り「副詞+節」です。(従属接続詞を伴う)

つまり、副詞節とは名詞以外を修飾する「主語+動詞」を含んだかたまりです。

  • 副詞 名詞以外を修飾する言葉
  • 節 「主語+動詞」を含んだかたまり

ポイント

副詞節とは、名詞以外を修飾する「主語+動詞」を含んだかたまり

 

以下の例文では、「従属接続詞+主語+動詞」のかたまりがそれぞれ動詞を修飾しています。

  • When she was a child, she lived in Tokyo.(副詞節)
    「彼女が子どもの時は東京に住んでいた。」
  • If she hears the news, she would be happy.(副詞節)
    「その知らせを聞いたら彼女は幸せになるだろう。」
  • He couldn’t help her because he didn’t know what to do.(副詞節)
    「どうすればよいか分からなかったので、彼は彼女を助けられなかった。」
  • You can count on me when you need some help.(副詞節)
    「助けが必要な時に私をいつでも頼ってよい。」

副詞節の別の見方

see

「副詞節」を別の見方でも確認してみましょう。

「副詞節」は「副詞や副詞句」が「従属接続詞+節(主語+動詞)」に代わったものと考えると分かりやすいかもしれません。

  • 副詞(主語+動詞を含まない1語)
    yesterday, tomorrow, lastly, kindly, friendlyなど
  • 副詞句(主語+動詞を含まない2語以上)
    next month, in the morning, at 10 o'clock, at the station, with my friendsなど

例えば、以下のように副詞の「yesterday」が「従属接続詞+主語+動詞」を含んだ副詞節の「when he was busy」と代わったり、

time condition

副詞句の「in the morning」を「従属接続詞+主語+動詞」を含んだ副詞節の

「because we had to discuss the matter」と代わっていると考えてみましょう。

time condition

 

また、副詞は「文法上なくてもいい存在」で、ドラマでいうとエキストラのような存在です。

したがって、副詞がなくなっても文法上の問題はありません。 


例えば、以下の例文から副詞の「hard」がなくなっても、SVOとして成立します。

  • I studied English hard.(SVOM
  • I studied English.(SVO)

同様に「副詞節」がなくなっても文法上の問題はありません。

時・条件の副詞節の中では未来のことでも現在形(現在完了形)

future

時・条件の副詞節の中では時制に注意しなくてはいけません。

「時・条件の副詞節の中では未来のことでも現在形(現在完了形)」になります。

ポイント

時・条件の副詞節の中では未来のことでも現在形(現在完了形)

以下の例文では、未来のことにも関わらず現在形が使われています。

I’ll call you when my mother comes back tomorrow.
「明日お母さんが帰ってきた時、あなたに電話するよ。」

「明日」と未来のことですが、動詞は「現在形のcomes」となっています。

 

他の例文でも確認してみましょう。

Don't forget to turn off the light when you leave the room later.
「後であなたが部屋を出る時に電気を消すのを忘れないようにしなさい。」

こちらも「後で」と未来のことですが、動詞は「現在形のleave」となっています。


このように、時・条件を表す副詞節の中では未来のことであっても、現在形(現在完了)で表す必要があります。

ただし、過去のことは過去形なので注意しましょう。

副詞節と名詞節の見分け方

how to tell from

ただし、「ifやwhen」のかたまりが必ずしも「副詞節」になる訳ではありません。

時には「ifやwhen」が「名詞節」になります。

「ifやwhen」が名詞節の場合、以下のように訳します。

ポイント

  • if 〜「~かどうか」
  • when 〜「いつ~か」

そして、副詞節と違って、名詞節の場合は現在形(現在完了)で表す必要がありません。

つまり、未来のことなら単純に「will」を使います。

したがって、「ifやwhen」が「副詞節」か「名詞節」かを見分ける必要があります。

文法上必要かどうかを考える

副詞節と名詞節を見分けるには、「ifやwhen」のかたまりが文法上必要かどうかを考えましょう。

ポイント

  • 文法上必要ならば「副詞節」
  • 文法上不要ならば「名詞節」

なぜなら、「副詞節」はなくなっても文法上問題がないからです。

しかし、「名詞節」はなくなると大問題です。 「名詞」はいわばドラマの主演です。

main character

では具体的に「副詞節」と「名詞節」がどのように違うのかポイントを押さえながら確認しましょう。

副詞節の例文

adverb

まずは「副詞節」を確認しましょう。

 I’ll call you when my mother comes home tomorrow.
「明日母親が帰ってきたらあなたに電話する。」

上の例文の「when〜tomorrow」がない場合、「I’ll call you 」は、SVOの第3文型です。

つまり、文法上成立しているので、「when 〜 home 」は不要で「(時の)副詞節」だと分かります。

したがって、「明日」と未来のことでも動詞は「will come」ではなく、現在形の「comes」になります。


他にも例文で確認しましょう。

We can put off tomorrow’s meeting if you have an appointment in the morning.
「もし午前中に予定があるなら、明日の会議を延期してもよい。」

上の例文の「if〜meeting」がない場合、「We〜meeting」は、SVOの第3文型です。

つまり、文法上成立しているので、「if〜meeting」は不要で「(時の)副詞節」だと分かります。

したがって、「明日」と未来のことでも動詞は「will have」ではなく、現在形の「have 」のように現在形になります。

名詞節の例文

noun

次に名詞節を例文で確認しましょう。

I don't know when he will come back.
「彼がいつ帰ってくるか知らない。」

上の例文の「when〜back」がない場合、「I don't know」が残ります。

しかし、「know」は「~を知っている」という他動詞なので「when〜back」は目的語(名詞)として置かれています。

目的語(名詞)をなくすことはできないので、「when〜back」は「名詞節」だと分かります。
→自動詞と他動詞が分からない方はコチラで解説しています。


他にも名詞節の例文を確認しましょう。

I don’t know if she will come on time.
「彼女が時間通りに来るかどうか私は知らない。」

先ほどの例文と同様に「know」は「~を知っている」という他動詞です。

つまり、「if〜time」は目的語(名詞)として置かれています。

したがって、主演である目的語(名詞)はなくすことはできないので、「if〜time」は「名詞節」だと分かります。



では、以下の「ifのかたまり」は「名詞節」と「副詞節」のどちらでしょうか。

The problem is if he will pass the examination.

 

 

「if〜examination」が必要かどうかを考えましょう。

この場合、「if〜examination」は名詞のかたまりで「補語」として置かれています。
つまり、「SVC」の第2文型で、「if〜examination」のかたまりはなくすことはできません。

したがって、「if〜examination」は名詞節だと分かります。

このように「ifやwhenのかたまりが必要かどうか」を考えて、見分けましょう。

なぜ未来のことでも現在形?

question

「副詞節」では未来のことも現在形だと分かりました。

しかし、なぜ「未来のことなのに現在形」なのでしょうか。
それは「ifやwhen」が確定条件だからです。

「助動詞のwill」は「〜だろう」という「推量」の意味を表します。
しかし「〜だろう」は確定条件とは相性がよくありません。


例えば、以下の例文を見ると違和感が分かります。

When I arrive the station〜
「駅に着く時〜」

When I will arrive the station〜
「駅に着くだろう時〜」

「駅に着くだろう時〜」の方は違和感があります。

これだと駅に「着くのか、着かないのか」が曖昧で確定条件としては不適切です。

それよりも「駅に着く時」とした方が確定条件として明確です。
これなら駅に「着く」ことがハッキリと分かります。


したがって、「確定条件」を明確にするため「未来のことでも現在形」を使います。

時・条件を表す副詞節 従属接続詞

conjunction

時・条件を表す副詞節は「従属接続詞+主語+動詞」になります。

使える従属接続詞はたくさんありますが、まずは以下の

  • 時は「when」  
  • 条件は「if」

を押さえればいいかと思います。


もし慣れ始めたら、以下の「時・条件を表す従属接続詞」も覚えていきましょう。
→従属接続詞はコチラで解説しています。

時の従属接続詞

  • when
    「〜する時」
  • while
    「〜する間」
  • as
    「〜する時」
  • after
    「〜する後」
  • before
    「〜する前」
  • until(till)
    「〜するまで(ずっと)」
  • by the time
    〜するまで」
  • once
    「一度〜すると、一旦〜すると」
  • as soon as
    「〜するとすぐに」
  • the moment(that)
    「〜するとすぐに」
  • the instant(that)
    「〜するとすぐに」
  • as
    「〜するにつれて」

条件の従属接続詞

  • if
    「もし〜なら」
  • suppose(supposing) that
    「もし〜なら」
  • provided(providing) that
    「もし〜なら」
  • on condition that
    「もし〜なら」 
  • unless
    「もし〜ないなら、〜でない限り」
  • as long as
    「〜する限り、〜さえすれば
  • as far as
    「〜する限り」

時・条件を表す副詞節 まとめ

本記事では、「時・条件を表す副詞節」を解説しました。 「時・条件を表す副詞節」では、以下のポイントが重要です。

  • 副詞節とは何か
  • 副詞節と名詞節の見分け方と意味
  • 時と条件を表す従属接続詞

「時・条件を表す副詞節」は気を抜くと間違いやすいポイントです。
繰り返し見直して、身につけていきましょう。

最後に練習問題で復習して、定着していきましょう。
練習問題では、ただ解けるだけでなく、「なぜその答えになるのか」を説明できるようになりましょう。
英文法のおすすめ参考書をコチラで紹介しています。

時・条件を表す副詞節【練習問題 厳選10題】

空欄に入る適切な語句を答えなさい。

  1. I’ll call you when I( )the station.
    (1)arrives at

    (2)will arrive at
    (3)arrived at
    (4)had arrived at
  2. I want to go outside if the weather( ).
    (1)were good

    (2)will be good
    (3)be good
    (4)is good
  3. We'll leave here as soon as it( ).
    (1)starts raining

    (2)will start raining
    (3)were to start raining
    (4)start raining
  4. I don't know if she( )the meeting.
    (1)attends

    (2)will attend
    (3)attended
    (4)attending
  5. Do you know when he( )?
    (1)comes

    (2)came
    (3)come
    (4)will come
  6. You can't play games until you( )your homework.
    (1)finish

    (2)will finish
    (3)finished
    (4)had finished
  7. Once you( )the truth, you won't be able to believe her.
    (1)know

    (2)knew
    (3)will know
    (4)known
  8. As far as I( ), they are running out of money.
    (1)know

    (2)knew
    (3)will know
    (4)known
  9. Don't forget to turn off the light when you( )the room later.
    (1)left
    (2)will leave
    (3)leave
    (4)leaving
  10. The problem is if he( )the examination.
    (1)pass
    (2)will pass
    (3)passed
    (4)passing

時・条件を表す副詞節【練習問題 厳選10題 解答】

空欄に入る適切な語句を答えなさい。

  1. I’ll call you when I( )the station.
    (1)arrives at

    (2)will arrive at
    (3)arrived at
    (4)had arrived at
  2. I want to go outside if the weather( ).
    (1)were good

    (2)will be good
    (3)be good
    (4)is good
  3. We'll leave here as soon as it( ).
    (1)starts raining

    (2)will start raining
    (3)were to start raining
    (4)start raining
  4. I don't know if she( )the meeting.
    (1)attends

    (2)will attend
    (3)attended
    (4)attending
  5. Do you know when he( )?
    (1)comes

    (2)came
    (3)come
    (4)will come
  6. You can't play games until you( )your homework.
    (1)finish

    (2)will finish
    (3)finished
    (4)had finished
  7. Once you( )the truth, you won't be able to believe her.
    (1)know

    (2)knew
    (3)will know
    (4)known
  8. As far as I( ), they are running out of money.
    (1)know

    (2)knew
    (3)will know
    (4)known
  9. Don't forget to turn off the light when you( )the room later.
    (1)left
    (2)will leave
    (3)leave
    (4)leaving
  10. The problem is if he( )the examination.
    (1)pass
    (2)will pass
    (3)passed
    (4)passing

-英文法解説

© 2021 英文法おたくが高校英語を徹底解説! Powered by AFFINGER5