present participle

英文法解説

分詞とは?現在分詞と過去分詞の違い【練習問題あり】例文で英文法解説

こんな方におすすめ

  • 分詞って何?
  • 現在分詞と過去分詞の使い分け方を知りたい
  • 感情動詞の使い方や意味を知りたい

本記事ではこういった疑問にお答えします。

今回は、分詞マスターを目指しましょう。
英文法のおすすめ参考書をコチラで紹介しています。

記事の信頼性

本記事を書いている筆者(@englishteachaon)は英語ブロガーとしてブログを運営しています。
  • 10年以上、高校生に英語を教えている経験
  • 英語検定1級
  • TOEIC900点超(現在990点を目指し、筆者自身も勉強に励んでいます。)

早速、例題で確認です。

The road( )to the hospital is now being constructed.

( )に入る適切な語を選びなさい。

(A)lead
(B)leading

 

 

正解は、(B)leadingです。
基本的な問題なので、ぜひ正解したいところです。

正解した人も、なぜその答えになるのか説明できるように、しっかりと確認していきましょう。

今回は「分詞とは何か」「現在分詞と過去分詞の使い分け」などを根本から徹底解説します。

では参りましょう。

分詞とは形容詞的用法!

「動詞+ing」や「動詞+ed」は不定詞と同じように3つの用法があります。

  • 名詞的用法
  • 形容詞的用法
  • 副詞的用法

participle

しかし、不定詞とは違って、それぞれに名前がついています。

  • 名詞的用法→動名詞
  • 形容詞的用法→分詞
  • 副詞的用法→分詞構文

そして、3つの用法のうち「形容詞的用法」が分詞と呼ばれています。

つまり、「動詞+ing」や「動詞+ed」が形容詞の役割を果たすものが分詞です。

ポイント

分詞とは、現在分詞・過去分詞が「形容詞」の役割を果たす言葉

「形容詞」の役割を果たすのが分詞の重要ポイントです。必ず押さえておきましょう。

では、分詞がどのように形容詞として使われるのか見ていきましょう。

現在分詞と過去分詞

分詞には「現在分詞」と「過去分詞」の2つがあります。

意味は基本的に以下の通りです。

  • 現在分詞は「〜している」
  • 過去分詞は「〜された」

では、この2つがどのように形容詞として使われるのかを確認しましょう。 participle

現在分詞「〜している」

baby

  • a cute baby「かわいい赤ちゃん」

例えば、「a cute baby」は「形容詞のcute」が「名詞のbaby」を修飾しています。

では、「泣いている赤ちゃん」は何と言えばいいでしょうか。

答えは「a crying baby」です。

「泣いている」という形容詞があればいいのですが、そのような形容詞は存在しません。

そのような時に、分詞を使います。(形容詞が純正だとしたら、分詞は劣化版だと思えばよいでしょう。)

「動詞のcry」を現在分詞(動詞+ing)にしましょう。

すると、「泣いている」という形容詞を作ることができます。
あとは、形容詞と同じように使えば大丈夫です。

participle

過去分詞「〜される

chair

  • a new chair「新しいイス」

同様に過去分詞も形容詞の役割を果たします。

例えば、「a new chair」は「形容詞のnew」が「名詞のchair」を修飾しています。

では、「壊れたイス」は何と言えばいいでしょうか。

答えは「a broken chair」です。

ここでも「動詞のbreak」を過去分詞(broken)にしましょう。

すると、「壊れた」という形容詞を作ることができます。

participle

「なぜ、過去分詞を使うの?」と疑問に思うかもしれませんが、それについては後ほど詳しく説明します。

現在分詞と過去分詞 2語以上は後ろから

follow

現在分詞や過去分詞が2語以上のかたまりの場合は、名詞の後ろから修飾します。

このポイントも大切なので押さえておきましょう。

ポイント

2語以上のかたまりは名詞の後ろから修飾する

participle 2words

a baby sleeping on the bed
「ベッドで寝ている赤ちゃん」

例えば、上の例文では「sleeping on the bed」が「名詞のa baby」を修飾しています。

この場合「sleeping on the bed」は2語以上のかたまりなので、名詞の後ろに置かれます。

a chair broken by Mike 「マイクに壊されたイス」

上の例文も同様に「broken by Mike」が「名詞のa chair」を修飾しています。

こちらも「broken by Mike」が2語以上なので、名詞の後ろに置かれています。

 

このように分詞のかたまりが2語以上の場合、名詞の後ろから修飾します。

分詞が長いと説明する名詞から離れてしまいます。

すると、名詞と形容詞の関係性が分かりづらくなってしまうため、名詞の後ろから直接修飾するのです。

現在分詞と過去分詞の見分け方・使い分け方

fish

「分詞が形容詞として使えることは分かったけど、どうやって使い分けたらいいの?」という疑問にお答えします。

結論から言うと、現在分詞と過去分詞のどちらを使うかは「する」か「されるか」を考えましょう。

participle

分詞の見分け方でよくある勘違いが、以下の考え方です。

  • 名詞が人→現在分詞
  • 名詞が物→過去分詞

たしかに、中学英文法ではこの考え方で対処できるのですが、高校英文法は対処できなくなります。

したがって、しっかりと本質を捉えて分詞の見分け方をできるようになりましょう。

しかし、見分け方は単純です。

名詞が「する」か「されるか」を考えるだけです。

  • 名詞が「する」(能動)→現在分詞
  • 名詞が「される」(受動)→過去分詞

どういうことか例文で見ていきましょう。

現在分詞の見分け方「〜する」

surprise

I saw a man studying in the library.

説明される名詞が「〜する」場合は現在分詞を使います。

上の例文では、「名詞のa man」が「勉強する」という能動の関係があるので、「現在分詞のstudying」を使います。

「過去分詞のstudied」を使ってしまうと「男性が勉強される」で意味が不明です。

 

他の例文でも確認しましょう。

I don't know the man standing in front of my house.

上の例文でも、「名詞のthe man」が「立つ」という能動の関係があるので、「現在分詞のstanding」を使います。

「過去分詞のstood」を使ってしまうと「男性が立たされる」で意味が通りません。

次に「過去分詞」の場合を見ていきましょう。

過去分詞の見分け方「〜される」

surprise

English is a language spoken in America.

説明される名詞が「〜される」場合は過去分詞を使います。

上の例文では、「名詞のa language」が「話される」という受動の関係があるので、「過去分詞のspoken」を使います。

「現在分詞のspeaking」を使ってしまうと「言語が話す」と意味が不明です。

こちらの例文は説明される名詞(a language)が「話される」という受動の関係になっています。

 

他の例文でも確認しましょう。

I bought clothes made in Japan.

上の例文でも、「名詞のclothes」が「作られる」という受動の関係があるので、「過去分詞のmade」を使います。

「現在分詞のmaking」を使ってしまうと「服が作る」で意味が通りません。

 

では、次の例文はどうでしょうか。

I saw a student (  ) by a teacher.

(  )には、「scolding」か「scolded」のどちらが入るでしょうか。

考えるのは説明される名詞が「する」か「されるか」だけです。 つまり、生徒が「叱っている」か「叱られている」を考えましょう。

正解は、「過去分詞のscolded」です。

決して「a student」が人だから「現在分詞のscolding」と考えてはいけません。
説明する名詞が人か物で考えると必ず間違えるので要注意です。

以上のように名詞が「する」か「される」かを考え、分詞を使い分けるようにしましょう。

分詞 感情動詞には要注意

emotions

分詞の範囲で間違えやすいのが「感情動詞」です。
よく狙われるポイントでもあるのでしっかりチェックしましょう。

感情動詞とは

感情動詞とは「気持ち」を表現する動詞のことです。(そのままです)

感情動詞で注意すべきなのは、意味が「〜させる」であることです。
例えば、「感情動詞のexcite」の意味は「わくわくする」ではなく、「わくわくさせる」です。

この感情動詞を使って、感情を表す表現がよく出てきます。
しかし、間違った使い方をする方が多いのでチェックしましょう、

感動動詞で感情を表す

emotions

感情動詞を使って感情を表す場合、感情動詞を過去分詞形にして、受動態にします。

ポイント

感情動詞は「be+過去分詞」で使う

感情動詞は、意味が「〜させる」なので、
例えば、「be excited」とすれば「わくわくさせられる(つまり、わくわくする)」という意味になります、

  • excite→be excited
    I am excited.
    「私はわくわくしている。」

他にもbore(退屈させる)やinterest(興味を持たせる)などがあります。

  • bore→be bored
    I am bored.
    「私は退屈している。」
  • interest→be interested
    I am interested.

    「私は興味がある。」

もし、過去分詞ではなく、現在分詞を使うと意味が大きく変わるので注意が必要です。

分詞の使い分けで以下の通りに説明しました。

  • 「する」は「現在分詞」
  • 「される」は「過去分詞」

したがって、現在分詞を使うと、以下のように意味が変わってしまいます。

  • I am exciting.
    「私はわくわくさせている。」
  • I am boring.
    「私は退屈させている。」
  • I am interesting.
    「私は興味を持たせている。」

もちろん、「私はわくわくさせる人間だ。」と言いたい場合は現在分詞で構いません。

しかし、使い方を間違えて、意味が伝わらないともったいないです。
「感情動詞」を使う場合は、意味が「〜させる」なので過去分詞を使いましょう。

感情動詞はなぜ「〜させる」なのか

日本では、感情は「体の中から勝手に湧いて出てくるもの」だと考えられています。

例えば、「こみ上げる怒り」や「湧いてくる寂しさ」などの表現があります。

「感情は、原因があって初めて生まれるものだ」ということです。
したがって、感情動詞は「〜させる」という意味になります。

  • The earthquake surprised me.
    「地震は私を驚かせた。」

この例文では、「震という原因」が、私に驚きという感情をもたらした訳です。

  • His talking bored me.
    「彼の話が私を退屈させた。」

これも同様で、彼の話が私に退屈という感情をもたらした訳です。

原因があって初めて人は感情を抱くのです。

感情動詞の一覧

感情動詞には以下のような動詞があります。 全て「〜させる」という意味になりますので、押さえておきましょう。

  • surprise 「驚かせる」
  • shock「ショックを与える」
  • excite「興奮させる」
  • please「喜ばせる」
  • disappoint「失望させる」
  • interest「興味をもたせる」
  • bore「退屈させる」
  • tire「疲れさせる」
  • satisfy「満足させる」

現在分詞と過去分詞 まとめ

本記事では、「現在分詞と過去分詞」を解説しました。 「現在分詞と過去分詞」では、以下のポイントが重要です。

  • 分詞は形容詞であること
  • 「〜する」は現在分詞、「〜される」は過去分詞
  • 感情動詞に注意すること

「分詞」は分かると英語の基礎力が上がる範囲です。

繰り返し見直して、身につけていきましょう。
最後に練習問題で復習して、定着していきましょう。

練習問題では、ただ解けるだけでなく、「なぜその答えになるのか」を説明できるようになりましょう。
英文法のおすすめ参考書をコチラで紹介しています。

現在分詞と過去分詞【練習問題 厳選15題】

空欄に入るのは現在分詞か過去分詞か選びなさい。

  1. I am very( )because I studied hard last night.
    (1)tired
    (2)tiring
  2. The boy was playing with a ( )toy.
    (1)broken
    (2)breaking
  3. This clothes is suitable for( )mother.
    (1)worked
    (2)working
  4. He showed a( )look.
    (1)surprised
    (2)surprising
  5. I was watching boys( )baseball.
    (1)played
    (2)playing
  6. She should be( )about her future.
    (1)worried
    (2)worrying
  7. He was( )at the traffic jam.
    (1)frustrated
    (2)frustrating
  8. I saw a dog( )in the park .
    (1)run
    (2)running
  9. I heard someone( )my name.
    (1)called
    (2)calling
  10. Who is the girl( )at the gate?
    (1)stood
    (2)standing
  11. What is the language( )in Canada?
    (1)spoken
    (2)speaking
  12. The road( )to the hospital is now being constructed.
    (1)lead
    (2)leading
  13. I am( )to see her tomorrow.
    (1)excited
    (2)exciting
  14. He was ( )at the conference.
    (1)bored
    (2)boring
  15. He always wears clothes( )in France.
    (1)made
    (2)making

時・条件を表す副詞節【練習問題 厳選15題 解答】

空欄に入るのは現在分詞か過去分詞か選びなさい。

  1. I am very( )because I studied hard last night.
    (1)tired
    (2)tiring
  2. The boy was playing with a ( )toy.
    (1)broken
    (2)breaking
  3. This clothes is suitable for( )mother.
    (1)worked
    (2)working
  4. He showed a( )look.
    (1)surprised
    (2)surprising
  5. I was watching boys( )baseball.
    (1)played
    (2)playing
  6. She should be( )about her future.
    (1)worried
    (2)worrying
  7. He was( )at the traffic jam.
    (1)frustrated
    (2)frustrating
  8. I saw a dog( )in the park .
    (1)run
    (2)running
  9. I heard someone( )my name.
    (1)called
    (2)calling
  10. Who is the girl( )at the gate?
    (1)stood
    (2)standing
  11. What is the language( )in Canada?
    (1)spoken
    (2)speaking
  12. The road( )to the hospital is now being constructed.
    (1)lead
    (2)leading
  13. I am( )to see her tomorrow.
    (1)excited
    (2)exciting
  14. He was ( )at the conference.
    (1)bored
    (2)boring
  15. He always wears clothes( )in France.
    (1)made
    (2)making

-英文法解説

© 2021 英文法おたくが高校英語を徹底解説! Powered by AFFINGER5