形式主語

英文法解説

形式主語(仮主語)構文のitを例文で徹底解説【練習問題あり】

こんな方におすすめ

  • 形式主語って何?
  • 形式主語の使い方を知りたい。
  • 形式主語にはどういうパターンがあるの?

本記事ではこういった疑問にお答えします。
今回は、形式主語マスターを目指しましょう。

こちらもCHECK

おすすめ参考書9選
英文法おすすめ参考書・問題集9選【偏差値別のロードマップをご紹介!】

続きを見る

記事の信頼性

本記事を書いている筆者(@englishteachaon)は英語ブロガーとしてブログを運営しています。
  • 10年以上、高校生に英語を教えている経験
  • 英語検定1級
  • TOEIC900点超(現在990点を目指し、筆者自身も勉強に励んでいます。)

早速、例題で確認です。

例題

Q. 空欄に入る適切な語句を以下の選択肢から選びなさい。

It is (    ).

(A) that difficult to speak English
(B) to speak English difficult
(C) it difficult to speak English
(D) difficult to speak English

 

 

 

 

 

正解は、(D) difficult to speak Englishです。いわゆる、形式主語と呼ばれるものです。

基本的な問題なので、間違えた人は要注意です。

正解した人も、なぜ(D) difficult to speak Englishが答えなのか説明できるように、しっかりと確認していきましょう。

今回は形式主語のitを中心に根本から解説します。

最後に様々な形式主語も解説するので、ぜひ参考にしてください。

では参りましょう。

形式主語とは 頭でっかち解消

形式主語とは

形式主語とは、簡単に言うと、英文の「頭でっかち」を解消するための方法です。

主語が長い場合に、主語にitを置き、長い主語を後ろに移動します。形式主語は仮主語とも呼ばれます。)

形式主語を使うことで、主語を短くすることができます。

 

例えば、以下の例文を見てください。

例文

To communicate with people from
 foreign countries is interesting.
「海外の人とコミュニケーションを取るのは面白い。」

この例文は文法上問題ありませんが、主語が長く、読みづらい英文となっています。

このような英文は「頭でっかち」な英文と呼ばれ、英語の世界では嫌われます。

そこで、「頭でっかち」を解消するために、形式主語を使います。


形式主語は以下の2つのステップで使いましょう。

形式主語の使い方 2つのステップ

  • itを主語の位置に置く
  • 本来の主語を後ろに移動する

すると、以下のような英文になります。

例文

To communicate with people from
 foreign countries is interesting.
It is interesting to communicate with people from foreign countries
「海外の人とコミュニケーションを取るのは面白い。」

 

形式主語では、以下のように「形式主語のitと本来の主語はイコールの関係」にあることも押さえておきましょう。

裏を返せば、本来の主語をitの位置に戻すことも文法上は可能です。

形式主語 補助画像

形式主語のitに意味はない

形式主語
形式主語では、itを主語の位置に置きますが、itに意味は全くありません。

itは「主語が移転しました」という看板のようなものだと考えてください。

「それ」と訳さないように注意しましょう。

例文

It is difficult to finish my homework by the deadline.
「宿題を締め切りまでに終わらせるのは難しい。」

形式主語 補助画像2

「to finish my homework by the deadline is difficult」が本来の主語(真主語)です。

しかし、そのまま主語の位置に置くと、「頭でっかち」になってしまいます。

そこで、「頭でっかち」を解消するために、形式主語のitを使用します。

ここまでが形式主語の基本的な内容です。

次に形式主語のいくつかのパターンについて確認しましょう。

形式主語 様々なパターン【to不定詞 / 動名詞 / that節 / whether節 / 疑問詞節】

形式主語を使うパターンをまとめて確認しましょう。
パターンを押さえておけば、英文を理解しやすくなると思います。

形式主語のパターン

  • to不定詞
  • 動名詞
  • that節
  • whether節
  • 疑問詞節

それぞれのパターンを例文で確認していきましょう。

to不定詞 形式主語

to不定詞のパターンは基本なので、必ず理解しましょう。

例文

It is impossible to know your future.
「あなたの将来を知ることが不可能だ。」

形式主語 補助画像3

動名詞 形式主語

形式主語の動名詞を使うパターンでは、大切な慣用表現が2つあります。

必ず押さえておきましょう。

形式主語 動名詞の2つの慣用表現

  1. It is no use Ving 「〜しても無駄だ」
  2. It is worth(while) Ving 「〜する価値がある」

例文

It is no use asking him for advice.
「彼にアドバイスを求めても無駄だ。」


形式主語 補助画像4 (2)

例文

It is worth(while) watching the movie twice.
「その映画は2回観る価値がある。」



動名詞の代わりに「to不定詞」を使うことができる場合もあります。

しかし、代わりに使えない場合もあるので「to不定詞」を使わないことをおすすめします。

that節 形式主語

形式主語のthat節を使うパターンは、強調構文と混合しやすいので注意です。

例文

It is said that she was rich.
「彼女はお金持ちだったと言われている。」

形式主語 

他の例文も見てみましょう。

例文

It is a pity that you cannot join the party.
「あなたがパーティーに参加できないのは残念だ。」

形式主語 

that節の場合、it isの後ろの形は、以下のようにある程度決まっています。

覚える必要はありませんが、頭の片隅に置いておきましょう。

it isの後ろに来やすい語

  • interesting 「おもしろい)
  • sad 「悲しい」
  • unbelievable 「信じられない」
  • strange 「変な」
  • natural 「当然」
  • a lie 「うそ」
  • a pity 「残念なこと」
  • surprising 「驚き」

whether節 形式主語

例文

  • It depends on you whether you succeed or not.
    「成功するかどうかはあなた次第だ。」
  • It is unclear whether he loves her.
    「彼が彼女を愛しているのかどうかは分からない」

疑問詞節 形式主語

例文

  • It doesn't matter how he earned the money.
    「彼がどうやってお金を稼いだかは重要ではない。」
  • It was unclear when he was murdered.
    「彼がいつ殺害されたかは不明だった。」

形式主語構文 まとめ

本記事では、「形式主語構文」を解説しました。以下が大切なポイントでした。

  • 「It」を主語の位置に置く
  • 形式主語の「It」は訳さない
  • 「to不定詞」「動名詞」「that節」「whether」「疑問詞節」

どのように使われるかを知っていれば決して難しくありません。
復習して使い方とパターンを身につけていきましょう。

最後に練習問題で復習して、定着していきましょう。
練習問題では、ただ解けるだけでなく、「なぜその答えになるのか」を説明できるようになりましょう。
英文法のおすすめ参考書をコチラで紹介しています。

形式主語構文【練習問題 厳選題】

作成中です。しばらくお待ちください。

形式主語構文【練習問題 厳選題 解答】

作成中です。しばらくお待ちください。

 

-英文法解説

© 2021 英文法おたくが高校英語を徹底解説! Powered by AFFINGER5