仮定法現在

英文法解説

英語の仮定法現在とは?なぜthatの後ろが原形?例文で徹底解説【練習問題あり】

こんな方におすすめ

  • 仮定法現在って何?
  • 仮定法現在の意味や使い方を知りたい
  • 仮定法現在で使う動詞を知りたい

本記事ではこういった疑問にお答えします。

今回は、仮定法現在マスターを目指しましょう。

こちらもCHECK

おすすめ参考書9選
英文法おすすめ参考書・問題集9選【偏差値別のロードマップをご紹介!】

続きを見る

記事の信頼性

本記事を書いている筆者(@englishteachaon)は英語ブロガーとしてブログを運営しています。

  • 10年以上、高校生に英語を教えている経験
  • 英語検定1級
  • TOEIC900点超(現在990点を目指し、筆者自身も勉強に励んでいます。)

早速、例題で確認です。

例題

Q. 空欄に入る適切な語句を以下の選択肢から選びなさい。

She insists that he ( ) the invitation.

(A) will take
(B) takes
(C) take
(D) is taking

 

 

 

 

正解は、(C) takeです。

今回のポイントは仮定法現在でした。

仮定法現在は、英語の中級者でもつまずいてしまう範囲です。

主語が「he」だからといって「takes」を選ばないように注意したいところです。

初級者の方もワンランクアップできるよう、仮定法現在をマスターしましょう。

正解した人も、なぜその答えになるのか説明できるように、ポイントを確認していきましょう。  


では、参りましょう。

こちらもCHECK

英語の仮定法とは?仮定法過去・過去完了・未来【練習問題あり】例文で徹底解説

続きを見る


英語の仮定法現在とは

仮定法現在とは、提案や要求をする英文のthat節で、常に動詞の原形を使う表現のことです。

主節の時制に関係なく、that節の中は常に動詞の原形が使われます。

以下は仮定法現在の例文です。

例文

She proposed that he leave earlier.
「彼女は私たちが早く出発するべきだと提案した。」

上の例文では、主節の動詞が「proposed」なので時制は過去です。

通常であれば、that節内の「leave」は、主節の時制に合わせて過去形の「left」になるはずです。

しかし、仮定法現在の英文では、that節内の動詞は原形になります。

また、that節内の主語が「he」だからといって、「leaves」にもなりません。

英語の仮定法現在の使い方

recipe

仮定法現在の使い方は以下の通りです。

ポイント

S+V+that+S'+動詞の原形(should+動詞の原形)

Vに置かれる動詞によって、that節内の動詞が原形(should+原形)になるかどうかが決まります。

その動詞には、以下の3つのタイプがあります。

仮定法現在 動詞の3タイプ

  • 提案
  • 要求
  • 決定

具体的にどのように使われるのか例文で確認しましょう。

特にthat節内の動詞が原形になっていることに注目しましょう。

提案を表す動詞一覧

提案を表す動詞

  • suggest(提案する)
  • propose(提案する)
  • recommend(勧める)
  • advise(助言する)

例文

  • She suggested that they take part in the contest.
    「彼女は彼らがコンテストに参加するべきだと提案した。」
  • She proposed that we leave earlier.
    「彼女は私たちが早く出発するべきだと提案した。」
  • The teacher recommended that we buy the novel.
    「先生は私達にその小説を買うように勧めた。」
  • The doctor advised that he refrain from drinking as much as possible.
    「医者は彼が出来る限りお酒を控えるように助言した。」

要求を表す動詞一覧

要求を表す動詞

  • demand(要求する)
  • ask(要求する)
  • request(要請する)
  • order(命令する)
  • require(求める)
  • desire(強く望む)
  • urge(強く言い張る)
  • insist(主張する)

例文

  • The customer demanded that the company give him full refund.
    「そのお客はその会社に全額返金するよう要求した。」
  • She requested that he withdraw the remark.
    「彼女は彼にその発言を撤回するように求めた。」
  • The teacher ordered that his students stop talking.
    「先生は生徒たちに話すのをやめるよう命令した。」
  • The manager required that the workers reduce working hours.
    「マネージャーは、社員に労働時間を減らすように求めた。」
  • I desire that he visit me more often.
    「私は彼がもっと頻繁に訪ねてきてくれたらと思う。」
  • My boss urged that his company focus on other market.
    「私の上司は、会社は他の市場に焦点を当てるべきだと言い張る。」
  • Developed countries asked that less developed countries produce products at a lower price.
    「先進国は途上国により低い価格で製品を作るように要求した。」
  • He insists that she not come.
    「彼は彼女は来ない方がよいと言っている。」

決定を表す動詞一覧

決定を表す動詞

  • decide(決める)
  • determine(決める)

例文

  • The company decided that it invest money in education systems.
    「その会社は教育システムにお金を投資すると決めました。」

  • He determined that his children go to cram school once a week.
    「彼は子どもを週に1回、塾に行くように決めました。」

なぜ、動詞が原形になるのか?

why

なぜ、動詞が提案・要求・決定ならば、that節内の動詞が原形になるのでしょうか。

それは、これらの動詞はすべて「~すべきだ」という意味を含んでいるからです。

例えば、人に何かを提案する時、「~すべきだ(~した方がいい)」と思って、提案するはずです。


要求も決定も同じです。

必ず「~すべきだ(~した方がいい)」と思って、要求したり、決定するはずです。

したがって、「should」が登場したり、動詞の原形になったりするわけです。


ただし、注意しなければいけないポイントがあります。

それは、提案・要求・決定の動詞が出てきたら、必ずしも「that節内」の動詞を原形にする訳ではないことです。

提案・要求・決定 必ずしも原形にならない!

not-always

例文

The study suggests that Japanese economy is improving these days.
「その研究は、近頃日本経済が上向いていることを示唆しています。」

上の例文では、「suggest」が使われているにもかかわらず、that節内は「原形のbe」ではなく、「is」が使われています。

なぜなら、「suggest」は「示唆する」という意味で使われているからです。

説明した通り、「提案する」という意味には「~すべきだ」という意味が含まれているため、「should」が使われます。

しかし、「示唆する」という意味には「~すべきだ」という意味を含んでいないため、「should」が登場するのはおかしい訳です。

that節内の動詞が、原形(should+原形)になるのは、動詞の意味が「提案」「要求」「決定」の時だけなので気をつけましょう。

したがって、「suggest」が「示唆する」という意味で使われている場合は、原形にはなりません。

仮定法現在 まとめ

本記事では「仮定法現在」を解説しました。

「仮定法現在」では、以下のポイントが重要です。

  • that節内の動詞が原形(should+原形)
  • ただし、意味によってならないこともある
  • 「〜すべき」という意味が含まれる動詞が使われる

仮定法現在は、慣れるまでthat節内を動詞の原形にすることを忘れてしまいがちです。

練習問題などで使われる動詞を繰り返し復習すれば、すぐに見抜けるようになるはずです。

練習問題では、ただ解けるだけでなく、「なぜその答えになるのか」を説明できるようになりましょう。
英文法のおすすめ参考書をコチラで紹介しています。

 

-英文法解説

© 2021 英文法おたくが高校英語を徹底解説! Powered by AFFINGER5